コラムDESIRES

コラムDESIRES  運営者概要  プライバシーポリシー  Tunomi Office
TOP<コロナで生活が成り立たなくなった場合 2<懐かしき反共主義に基づく親米・親韓と言えた日々 3<韓国という国

竹島VS独島 -
日本人が知らない「竹島問題」の核心 - (ワニブックスPLUS新書)
[ 下條 正男 ]

反日種族主義
との闘争
[ 李 栄薫 ]

ソウルの中心で
真実を叫ぶ
[ 李宇衍 ]

米中百年戦争の地政学 自由の勝利か、邪悪の支配か [ 湯浅博 ]

尖閣諸島が
本当に危ない!
[ 潮 匡人 ]



韓国という国/by Iida

 前頁でも書きましたが、韓国は盧泰愚大統領の時代から大きく変わってしまいました。当時に流行った「JSA」の映画でさえ、どこの国の映画だと厳しく見つめる韓国人もいたのです。 もっとも韓国のターニングポイントはそれ以前の朴正煕大統領を暗殺した大韓民国中央情報部(KCAI)金載圭長官の行動からも始まっています。 毎週カトリック教会に通う静かな長官とのことで、国を思う心の行き違いとはこんなにも哀しい結果となってしまうものなのかと、当時は驚きでいっぱいでございました。 ですが当時の光州事件での映像が未だに頭から離れませんが、当時の大学生達も既に60歳以上になっているはずです。 そして金大中大統領の太陽政策にも驚きました。そもそも警察に拘束されていた人物が大統領になるということにも驚きでしたが、逆に北の金正日総書記との握手場面をテレビで観たときには 思わず涙が出てしまいましたね。それだけ画期的なことをやったことは確かでした。ですがその画期的が緩めば逆に大変なことになるのは目に見えていました。 そしてそのとおりに国は大きく変わっていきました。文在寅大統領の政権下では韓国は潰れて北に吸収されてしまうようにしか思えません。  

 韓国語フォーラムで韓国人の金栄培さんと出会いました。のちに竹島(独島)に初めて携帯電話を繋げたTUの取締役となった方です。 日本から帰国後には東芝との人工衛星を打ち上げて衛星電話事業をされていらした。なにもかもが衝撃的でしたね。しかし今も昔も掲示板やFacebookで 日本人と韓国人、韓国人と結婚した相手日本人の方等との交流は沢山続いております。YOUTUBEで騒がれているような険悪ムードばかりじゃありません。 最近のYOUTUBEを眺めていると、韓国人と日本人が結婚だなんて有り得ないようなことしか掲げていないのですよね。とても残念です。 ですのでどこの国でも他国の工作員により情報が歪められている場合が多いのです。日本とて同じです。 政治と民間の私達の立場は別だと思います。それもダメと言うならば日本は鎖国状態にならないとなりませんよ!ですが国会の中に他国人の秘書を入れることには反対です。 反日議員騒ぎの中に他国人の秘書の存在は画期的でかたずけられる問題ではありません!




ファウンドリービジネス/by Iida
ファウンドリービジネスは半導体が目立っているけれど、今や一般ビジネスにも浸透しています。インテルやサムスンが泣いてるのだから話にならない。でもそれだけ中国が率先したのだろうし誰かが大泣きすることも予想された。政治と経済の融合も遠くなるよ!涙を見せず頑張って欲しいね! ただ彼女の話を聞いていると反戦家なのかなとも感じた。軍需産業にマフィアが出てくるのは世界的に見れば昔から当然のことだし反社を強く意識した感想にもやはり正義感の強い女性なのだとは思う。 日本が大掛かりに捜査を始めたのは物事が防衛産業に関わることであるからであろう。彼女の気持ちは理解する。しかし世界の軍需産業に口をはさみ騒いでしまっているのであるから正義感での応戦は厳しいのではないか。



掛け(賭け)論法の危うさ/by Iida
私はこの映画が大好きだ。だいたい自分が大切でお金が一番と考える人間にはこれが効く。だから悪戦苦闘するにせよ、相手が逃げ出すほどの芝居が新鮮だ。 まずは自分のダメージを相手に見せる。俺はおまえのようにはなりたくない。そう思って振り返りもせず去っていく。これが男女の話ならばなんとも哀し過ぎる場面だが、 己の危機を危機として受け入れずに逆転の法則で逃げ切って欲しい。知恵の輪である。世の中を眺めていると直球で相手と戦う人達ばかりが目立つ。 しかしそれだから目立つのは当たり前であるが、この映画のように笑いで乗り切って欲しい。あくまでも心の中の笑いで!



【提言】コロナ突然死を防ぐ為にパルスオキシメーターで血中酸素飽和度を測定しよう
岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授 犬房春彦(医師・医学博士)




セキュリティ研究所 小川和久



今こそ世界史的な国家戦略を!西村幸祐



拉致問題の真実
西村幸祐・篠原常一郎・三浦小太郎




予備役ブルーリボンの会顧問
(前副代表) 伊東寛





日本艶主党代表 漫画家 成田アキラ







コラムDESIRES  運営者概要  プライバシーポリシー  Tunomi Office
Copyright © 2010  *Tunomi Office*  All rights reserved.