コラムDESIRES

コラムDESIRES  運営者概要  プライバシーポリシー  Tunomi Office
TOP<コロナで生活が成り立たなくなった場合 2<懐かしき反共主義に基づく親米・親韓と言えた日々 3<韓国という国

フテンマ戦記 基地返還が迷走し続ける本当の理由 [ 小川 和久 ]

アメリカ式銃撃テロ対策ハンドブック アメリカ政府指針・マニュアル集 [ 小川和久 ]

テロVS.日本の警察
標的はどこか?
[ 今井良 ]

内閣情報調査室 公安警察、公安調査庁との三つ巴の闘い (幻冬舎新書) [ 今井良 ]

自衛隊の闇組織 秘密情報部隊「別班」の正体 (講談社現代新書) [ 石井 暁 ]



懐かしき反共主義に基づく親米・親韓と言えた日々/by Iida

 子供の頃、日本愛国党の赤尾敏先生が好きでした。無意識に反共精神で育ちました。小学生の時には朝礼で国旗掲揚と国歌斉唱を普通にやっていたし、各教室には日の丸が掲げられていました。中学・高校はミッション系で総長も校長もアメリカ人、それでも日の丸は掲げられていました。
 そんな私が16歳の時にフォークソングの集いに連れて行かれて、それが共産党のイベントだったことを知った時、私は連れて行った女性を凄く怖いと思いました。 イベントが終わるまで詳しいことには何も気が付かずに終わったからです。その時にその女性と喧嘩になり忘れられない嫌な思い出のひとつとなってしまいましたが、それから思想的なことに神経質になり警戒心が強くなり用心深くなった気もします。

 横須賀米軍基地と厚木基地には何度も行っていました。イベントでは空母や戦艦にも乗船していますし、空母の戦闘指揮所CDC(CIC)には感激でしたね。 横須賀米軍基地では友達のエスコートで将校クラブ等にも入れました。ビリヤードをやってるアメリカ人が映画の中のワンシーンに思えましたよ。 自衛隊駐屯地より米軍基地のほうが多く足を運んでいると思います。横須賀の戦艦三笠も大好きですが海上自衛隊の潜水艦がズラリと並んでいるところには惚れ惚れいたします。
 靖国神社へ初めて行った時に、連れに鳥居の真ん中を歩けるのは天皇だけだと言われて驚きました。私は遊就館が大好きです。 船村徹音楽事務所の歌手の静太郎さんが歌った「南十字星の下で」とても良い歌詞ですね。 「魂となり日本の 平和を今も護るのか まもなく逢える天国で そしたら呑もう しみじみと 眠れよ友よ 安らかに 南十字の星の下」 静太郎さんの関東の後援会を立ち上げてパーティーをやったことは良い思い出です。船村徹先生とお仲間の皆様に感謝いたします。

 我が家で軍事フォーラムのオフ会をやったり、自衛隊OBの方のお家でバーベキューをやったり、懐かしい思い出がいっぱいあります。 そのOBの方は軍人時代にアメリカ海軍のニミッツ提督とツーショットを撮っていらっしゃいました。戦艦の名前にもなっているニミッツ提督です。 チェスター・ニミッツの名言「勝った指揮官は名将で、負けた指揮官は愚将だというのはジャーナリズムの評価にすぎない。 指揮官の持つ価値は、彼の持つ可能性にある。敗将と言えども、彼に可能性が認められる限り、名将である。」 負けでも勝ちでも戦っていたことに意義があると思いますし、その価値は永遠に尊いですよね。

 結局、私は反共主義を掲げる思想右翼かもしれませんが、日本民族だけを掲げる民族主義者では無いと思っています。そのように育ちました。 縁有って北朝鮮へ社会党の訪朝団で同行した作詞家の方のお家で金日成氏からの賞状を拝見した時に、ハングルが読めないことに凄く悔やみました。 それでハングルを勉強した次第です。ネットでは韓国系や朝鮮系のお友達にも恵まれました。歌手のキム・ヨンジャの公式サイトの 制作管理を15年間やりました。その間にヨンジャ達が複数回、北朝鮮へ親善コンサートに行きました。反共で育った私には 最高に悩んで苦しい期間でしたが、それでも日本人だからと辞める気持ちにはなれませんでした。 北朝鮮へ行った期間のデータベースも作りました。情報は得るものであり場合によっては与えるもの。CIの基本だろうと勝手に考えた次第ですが良い勉強になりました。
 ヨンジャが北朝鮮へ行っている頃に日本人拉致の人達が帰国しました。もし拉致家族が帰国していなければ、 ヨンジャは平壌より治安の悪い北の地方の町を1か月間も歌い歩く予定でした。 あの頃は本当に動揺ばかりで寝込んだりもしましたが、今考えると弱過ぎました。

 ヨンジャと出会う前に、韓国語フォーラムで韓国人の金栄培さんと出会いました。のちに竹島(独島)に初めて携帯電話を繋げたTUの取締役となった方です。 日本から帰国後には東芝との人工衛星を打ち上げて衛星電話事業をされていらした。なにもかもが衝撃的でした。
 のちに救う会の会長になられた佐藤勝巳氏の現代コリア研究所に私のWEBサイトをリンクしていただいていました。 荒木和博氏にいつかは聞いてみたいのですが、ポンチャック音楽の「独島は我が領土」のページが現代コリア研究所に掲げられておりましたが、当時はどう考えていらっしゃったのでしょうか。私は何の迷いもなく独島という呼び方をしておりましたけれどね。今思うと本当に不思議でなりません。

 今年(2021年)、横須賀で自衛隊OBの方とのバーベキューや、我が家での軍事フォーラムでのオフ会でお会いしていた伊東寛氏に30年ぶりにお会いしました。日本艶主党代表であり漫画家の成田アキラ先生が伊東寛氏に会いたいとのことでご一緒しました。 私も懐かしかったので大喜びでしたけれど、長く軍事のことから離れていた私には、今の日本があまりに変貌してしまったというか、 へたをすると中国の属国かと思うほどに日本が落ちぶれて見えてきて恐ろしくなっています。ウサギと亀の心境ですよ。 日本ウサギが寝込んでしまったのでしょうかね?成田アキラ先生のTwitterで毎日が勉強に戻りました。

 韓国は盧泰愚大統領の時代から大きく変わってしまいました。当時に流行った「JSA」の映画でさえ、どこの国の映画だと厳しく見つめる韓国人もいたのです。 もっとも韓国のターニングポイントはそれ以前の朴正煕大統領を暗殺した大韓民国中央情報部(KCAI)金載圭長官の行動からも始まっています。 毎週カトリック教会に通う静かな長官とのことで、国を思う心の行き違いとはこんなにも哀しい結果となってしまうものなのかと、当時は驚きでいっぱいでございました。 韓国に関しては次回に更に書いてみたいと思います。












【提言】コロナ突然死を防ぐ為にパルスオキシメーターで血中酸素飽和度を測定しよう
岐阜大学 抗酸化研究部門 特任教授 犬房春彦(医師・医学博士)




世界に誇る自衛隊!
日本では報道されない米軍が驚愕した
自衛隊の真の実力!


自衛隊との合同演習を行うイギリスの空母
「クイーン・エリザベス」


フテンマ戦記 小川和久


セキュリティ研究所 小川和久



今こそ世界史的な国家戦略を!西村幸祐



拉致問題の真実
西村幸祐・篠原常一郎・三浦小太郎




予備役ブルーリボンの会顧問
(前副代表) 伊東寛





日本艶主党代表 漫画家 成田アキラ







コラムDESIRES  運営者概要  プライバシーポリシー  Tunomi Office
Copyright © 2010  *Tunomi Office*  All rights reserved.