船村徹 演歌巡礼

船村徹 演歌巡礼
船村徹 演歌巡礼 船村徹 演歌巡礼

船村徹 演歌巡礼



船村徹 演歌巡礼

★プロフィール

本   名 福田博郎(ひろお)


青年月 日 昭和7年6月12日

出 身 地 栃木県船生村源塩谷町


昭和24年 東洋音楽学校(現、東京音楽大学)ピアノ科入学

昭和30年 「別れの一本杉」大ヒット!(キングレコード)

昭和31年 コロムビアレコード専属

昭和53年
 フリー

平成 7年 紫綬褒章 受賞

平成12年 NHK放送文化賞 受賞

平成14年、栃木県県民栄誉賞受賞

平成15年、旭日中綬章 受賞。

平成20年、文化功労者に選定されました。

平成22年、日本音楽著作権協会名誉会長に就任されました。

平成26年、栃木県名誉県民

平成27年、「日本こころのうたミュージアム・船村徹記念館」オープン

平成28年、文化勲章 受賞

平成29年2月16日午後0時35分心不全のため死去。84歳没。


1984年から毎年自分の誕生日である6月12日を「歌供養」の日とし、
多くの方を招き、世に出なかった歌の供養を行っている。

社団法人 日本音楽著作権協会 名誉会長
社団法人 日本作曲家協会 最高顧問・理事
日本レコード大賞制定委員長
日本相撲協会横綱審議委員会委員
栃木県警察本部顧問
栃木女子刑務所篤志面接員


昭和7年 栃木県船生村源塩谷町に生まれる。

昭和24年上京、東洋音楽学校(現、東京音楽大学)ピアノ科に学ぶ。


そのかたわら、同校で知己を得た盟友「高野公男」 の作詩を得て精力的な作曲活動を展開する。

しかし、厳しい専属制をひく往時のレコード界が、無名の作曲家を容易に受け入れるはずもなく、 長い年月にわたり茨の道を歩くことになる。


この時期、高野は新聞売り子、キャバレーのボーイ、船村は巷の演歌師、進駐軍慰問のバンドマスター等を体験、 生活の糧を得る為の苦闘を重ねる

昭和30年、キングレコードから発売された両名の作品「別れの一本杉」が空前の大ヒットとなり、世に出る。

昭和31年に松竹映画「別れの一本杉」が封切られる。

昭和31年、コロムビアレコードから招聘され、両名ともども待望の専属作家としての地位を獲得する。
時に高野26才、船村24才。

同年8月、入社第一作「早く帰ってコ」を発売するも、翌9月8日、水戸の国立病院で、高野公男永年にわたる無理がたたり、 肺結核が悪化し他界。 絶筆は、船村に宛てた遺書代わりの「男の友情」。

昭和36年、ロカビリー・ツイストなどが全盛のさなか、あえて純日本的な「王将」を世に問い、戦後初の「ミリオンセラー」という 金字塔を確立。 レコード大賞受賞。本作品にとどまらず、コロムビア在籍中数多くのヒット作品を世に送り、 「大ヒットメーカー」として揺るぎない業界の重鎮となる。


昭和53年、在籍22年のコロムビアを円満退社フリーの作曲家としての活動がはじまる。 更に無名時代の高野・船村の往時の思いを馳せ、心機一転「二代目船村徹」を標榜、 歌作りの原点を模索する「演歌巡礼」の旅を発意、東奔西走の日々がスタートする。

昭和55年、日本クラウンより「風雪ながれ旅」を発売、「古賀政男記念音楽大賞」を受賞。

昭和56年、正月元旦より読売新聞日曜版に、半自伝的なエッセイ「演歌巡礼」を執筆連載。

昭和58年講談社より一冊の本となり発刊される。

昭和57年、日本クラウンより「兄弟船」を発売、翌年にかけてミリオンセラーとなる。 同年 日本コロムビアから発売された「矢切の渡し」が大ヒット、30人の歌手が同一作品を歌う一大競作ブームを招来する。 特に「細川たかし」歌唱の同作品が ミリオンセラーとなり「第25回 日本レコード大賞・大賞」を受賞。

昭和63年、「故・高野公男・三十三回忌」にあたり全国的な規模で追悼供養演奏会を開催。

平成元年、テイチクから発売した「紅とんぼ」(ちあきなおみ・歌唱)で「藤田まさと賞」を受賞。

平成元年3月9日、3年7月1日の2度「法務大臣」より感謝状を授与される。

平成2年6月12日、「船村徹作曲生活15.000日パーティー」を船村作品を歌っている歌手、 各界の名士を始め約700名のお客様を招いて全日空ホテルにて盛大に催す。 献身的に各刑務所を慰問。

平成3年、第33回・日本レコード大賞・大賞(北島三郎・歌唱)「北の大地」で受賞。

平成7年、春、紫綬褒章 受賞。

平成7年、6月、星野哲郎先生の故あけみ夫人への鎮魂歌を自らが歌う 「あけみ・思い出にぬれながら」を発売。

平成9年、作曲生活45周年記念盤として「希望(のぞみ)」を新たにレコーディングし発売。

平成12年3月、NHK放送文化賞 受賞。

平成14年、栃木県県民栄誉賞受賞

平成15年、旭日中綬章 受賞。

平成20年、文化功労者に選定されました。

平成21年3月9日、赤坂プリンスホテル クリスタルホールに於いて 船村徹先生の文化功労者を祝う会が行われました。

平成22年、日本音楽著作権協会名誉会長に就任されました。

平成26年、栃木県名誉県民

平成27年、「日本こころのうたミュージアム・船村徹記念館」オープン

平成28年 文化勲章 受賞

平成29年2月16日午後0時35分心不全のため死去。84歳没。




1984年から毎年、自分の誕生日である6月12日を「歌供養」の日とし、多くの方を招き、
世に出なかった歌の供養を行っている。


社団法人 日本音楽著作権協会 名誉会長、 社団法人 日本作曲家協会 最高顧問・理事、
日本レコード大賞制定委員長、栃木県警察本部顧問、日本相撲協会横綱審議委員会委員、
栃木女子刑務所篤志面接員、の役職につき、作曲はもとより、演歌巡礼、講演、審査員などで活躍中。



妻は、元歌手の能沢佳子。長男は、作曲・編曲家の蔦将包。長女は、女優の福田渚子。


愛弟子(男性歌手:大下八郎・故ムーディー松島・北島三郎・鳥羽一郎・香田晋・静太郎・天草二郎・走裕介。女性歌手:森サカエ・森若里子) このうち、ムーディー松島・鳥羽一郎・香田晋・静太郎・天草二郎・走裕介は、船村徹宅に住み込み、師匠と寝食を共にした内弟子である。




  2015年4月27日栃木県日光市今市「道の駅日光 日光街道 ニコニコ本陣」に併設の

    「日本こころのうたミュージアム・船村徹記念館」オープン

    1階「夢劇場」船村徹の生い立ちや活躍を最新の映像技術で紹介
    2階 船村徹の代表作が聴けるメロディーボックスやエピソードを映像化したシアターを設置
    3階 レコードジャケットや交流のあった著名人らの手形などの展示とカラオケルーム「歌道場」






代表作品の一部  

母のいない故郷(ふるさと) 船村徹 昭和57年
妹みたいな女だった 船村徹 昭和57年
夢の汽車ポッポ 船村徹 昭和57年
歳月河 船村徹 昭和57年
サハリン無情 船村徹 昭和57年
さすらい夜曲 船村徹 昭和61年
のぞみ(希望) 船村徹 昭和61年

笛を吹く娘 能沢佳子 昭和36年
札幌にリラは薫れど 能沢佳子 昭和36年

ご機嫌さんよ達者かね 三橋美智也 昭和30年
あの娘が泣いている波止場 三橋美智也 昭和30年
縁があったらまた逢おう 三橋美智也 昭和31年

別れの一本杉 春日八郎 昭和30年
泣き虫人生 春日八郎 昭和30年
夜行列車 春日八郎 昭和54年
旅人 春日八郎 平成2年

早く帰ってコ 青木光一 昭和31年
銀座の小鳩 青木光一 昭和31年
柿の木坂の家 青木光一 昭和32年
おふくろさんは達者かな 青木光一 昭和32年
僕は流しの運転手 青木光一 昭和32年
男の友情 青木光一 昭和32年
ぐみの木峠 青木光一 昭和33年
ふるさと列車 青木光一 昭和33年
青春パソドブル 青木光一 昭和34年
坂道 青木光一 昭和47年

よさこい三度笠 村田英雄 昭和34年
人情寄席 村田英雄 昭和34年
黒田武士 村田英雄 昭和34年
ジャコ万と鉄 村田英雄 昭和35年
王将 村田英雄 昭和36年
小春月夜 村田英雄 昭和36年
浪花の女 村田英雄 昭和37年
まず一献 村田英雄 昭和38年
がんくつ王 村田英雄 昭和38年
黒髪長き君ならば 村田英雄 昭和38年
海の男の子守唄 村田英雄 昭和40年
独航船の男 村田英雄 昭和41年
包丁 村田英雄 昭和44年

波止場だよ、お父つぁん 美空ひばり 昭和31年
港は別れて行くところ 美空ひばり 昭和31年
浜っ子マドロス 美空ひばり 昭和32年
青い海原 美空ひばり 昭和32年
波止場小僧 美空ひばり 昭和32年
三味線マドロス 美空ひばり 昭和33年
ご機嫌ようマドロスさん 美空ひばり 昭和33年
東京タワー 美空ひばり 昭和34年
太陽は今日も輝く 美空ひばり 昭和34年
哀愁波止場 美空ひばり 美空ひばり 昭和35年
ひばりの佐渡情話 美空ひばり 昭和35年
東京は恋する町  美空ひばり 昭和35年
東京ディト  美空ひばり 昭和35年
ひばりの船長さん 美空ひばり 昭和35年
鼻唄マドロス 美空ひばり 昭和36年
母さんギター 美空ひばり 昭和37年
お久し振りネ、マドロスさん 美空ひばり 昭和39年
手紙 美空ひばり 昭和40年
おんな道 美空ひばり 昭和46年
北国の子守唄 美空ひばり 昭和46年
こころの町 美空ひばり 昭和50年 
坊やの終列車 美空ひばり 昭和51年
ふるさと太鼓 美空ひばり 昭和51年
俺達の歌今どこに 美空ひばり 昭和54年
冬のくちびる 美空ひばり 昭和59年
みだれ髪 美空ひばり 昭和62年
塩屋岬 美空ひばり 昭和62年

東京だよおっ母さん 島倉千代子 昭和32年
里子夜月 島倉千代子 昭和32年
海鳴りの聞こえる町 島倉千代子 昭和34年
哀愁のからまつ林 島倉千代子 昭和34年
遠い人  島倉千代子 昭和35年
雪国 島倉千代子 昭和39年
竜飛岬 島倉千代子 昭和46年
津軽の宿 島倉千代子 昭和47年
悲しみの宿 島倉千代子 昭和50年
片瀬月 島倉千代子 平成7年

夢のハワイで盆踊り 舟木一夫/本間千代子/
 コロムビア・ローズ他 昭和39年
東京百年 舟木一夫 昭和41年
太陽にヤア! 舟木一夫 昭和41年
ブルー・トランペット 舟木一夫 昭和41年
銀座すずらん通り 舟木一夫 昭和41年
夕笛 舟木一夫 昭和42年
夏子の季節 舟木一夫 昭和42年
その人は昔 舟木一夫 昭和42年
あいつと私 舟木一夫 昭和42年
オレは坊ちゃん 昭和43年
帰郷 舟木一夫 昭和47年
サンチャゴの鐘 舟木一夫 昭和48年
津和野川 舟木一夫 昭和50年

なみだの船 北島三郎 昭和37年
ブンガチャ節 北島三郎 昭和37年
ギター船 北島三郎 昭和37年
なんだべ 北島三郎 昭和38年
演歌師 北島三郎 昭和38年
さすらい船 北島三郎 昭和39年
風雪ながれ旅 北島三郎 昭和55年
神奈川水滸伝 北島三郎 昭和59年
激唱-青函トンネル- 北島三郎 昭和60年
息子 北島三郎 昭和62年
花の生涯 北島三郎 昭和62年
北の大地 北島三郎 平成3年
石狩川よ 北島三郎 平成8年
男の虹 北島三郎 平成9年
若かりし母の歌 北島三郎 平成3年
宴(うたげ) 北島三郎 平成5年

兄弟船 鳥羽一郎 昭和57年
道のひかりに 鳥羽一郎 昭和57年
流氷・オホーツク 鳥羽一郎 昭和58年
海の匂いのお母さん 鳥羽一郎 昭和58年
南十字星 鳥羽一郎 昭和58年
下北漁港 鳥羽一郎 昭和59年
港駅 鳥羽一郎  昭和60年
海の祈り 鳥羽一郎 昭和60年
港歌 鳥羽一郎 昭和60年
愛恋岬 鳥羽一郎 昭和61年
水平線 鳥羽一郎 昭和61年
昭和北前船 鳥羽一郎 昭和62年
北斗船 鳥羽一郎 昭和63年
演歌船 鳥羽一郎 平成2年
師匠(おやじ) 鳥羽一郎 平成3年
港町雪月花 鳥羽一郎 平成3年
泉州春木港 鳥羽一郎 平成4年
兄弟酒 鳥羽一郎 平成7年
北帰航 鳥羽一郎 平成8年
男の挽歌 鳥羽一郎 平成11年 
風待ち食堂 鳥羽一郎 昭和59年
妻から海へ 鳥羽一郎 平成3年
北緯四十五度 鳥羽一郎 昭和63年

新宿情話 船村徹、ムーディ松島、ちあきなおみ、
     佐伯一郎、細川たかし 昭和43年
さだめ川 ちあきなおみ 昭和50年
酒場川 ちあきなおみ 昭和51年
矢切の渡し ちあきなおみ 昭和55年
紅とんぼ ちあきなおみ 昭和63年
ひとりしずか ちあきなおみ 昭和63年
帰郷 ちあきなおみ 昭和63年

女の港 大月みやこ 昭和58年
豊予(ほうよ)海峡 大月みやこ 昭和61年
根室海峡 大月みやこ 昭和61年
対馬海峡 大月みやこ 昭和61年
津軽海峡 大月みやこ 昭和61年
宗谷海峡 大月みやこ 昭和61年
命の花 大月みやこ 平成2年
去り方の宿 大月みやこ 平成5年
女の涙 大月みやこ 平成9年

空(くう) 森サカエ 平成6年
エディー 森サカエ 平成元年

おんなの出船 松原のぶえ 昭和55年
祖谷の恋唄 松原のぶえ 平成7年


おんなの宿 大下八郎 昭和39年
なみだの宿 大下八郎 昭和40年

昭和よさらば 田端義夫 平成2年
船出の歌 田端義夫 平成2年

東京無情 織井茂子 昭和32年
黒いコートの女 織井茂子 昭和32年
夜がわらってる 織井茂子 昭和33年

ダイナマイトが百五十屯 小林旭 昭和33年
女を忘れろ 小林旭 昭和33年
明日人 小林旭 昭和60年

どうせひろった恋だもの コロムビア・ローズ(初代)昭和31年
ロマンスガイド コロムビア・ローズ(初代)昭和34年

ハンドル人生 若草一郎 昭和30年
お吉を踊る女 若原一郎 昭和60年

姉妹酒場 こまどり姉妹 昭和36年
オロロンかもめ  こまどり姉妹 昭和37年

様生橋 瀬川瑛子 昭和56年
わすれ宿 瀬川瑛子 昭和58年
のぞみ(希望)瀬川瑛子 昭和58年
小犬の神様 瀬川瑛子 平成12年

あなたが帰る港町 北見恭子 昭和54年
こころ妻 北見恭子 昭和62年
夜ごとの涙 北見恭子 昭和63年
幻眩之助 北見恭子 昭和63年
小倉恋日記 北見恭子 平成4年

志津子 島和彦 昭和40年
悦楽のブルース 島和彦 昭和40年
雨の夜あなたは帰る 島和彦 昭和41年
禁じられた愛の言葉 島和彦 昭和42年
銀座の恋風 島和彦 昭和42年

流氷 都はるみ 昭和49年

流転子守唄 金田たつえ 昭和50年

お前と出直そう 大川栄策 昭和53年

女の川 森若里子 平成4年
おしろい舟 森若里子 平成6年
思い川 森若里子 平成6年 
愛愁岬 森若里子 平成8年
鳩のいる港町 森若里子 平成12年

矢切の渡し 細川たかし 昭和58年
いのち舟 細川たかし 平成10年

男同士 香田晋 平成元年
ヤン衆丸 香田晋 平成2年

夢二絵姿 霧島昇 昭和48年

想い川 藤島恒夫 平成2年

たまゆらの宿 三沢あけみ 昭和58年

心 五木ひろし 平成2年

新宿挽歌 藤圭子 昭和62年

兄弟岬 島津亜矢 昭和62年
海鳴りの詩(うた) 島津亜矢 平成7年

恋のしのび雨 大石円 平成4年
おんな船 大石円 平成5年

たそがれとあの人 山路えり子 昭和28年

ブルースを唄う女 吉岡妙子 昭和29年

俺らは船乗り 小坂一也 昭和32年

本籍地 佐伯一郎 昭和49年

石狩川 若山彰  昭和35年
友愛の城 若山彰 平成2年

釧路川 松尾和美 昭和58年

港の潮暦 石川さゆり 昭和58年

寒椿 森昌子 昭和59年

酒無情 森進一 平成3年

瀬戸の恋唄 神戸一郎 昭和36年
赤道祭 神戸一郎 昭和36年
 
朝刊来るまで起きてなよ 北原謙二 昭和36年
 
通りゃんせ銀座 守屋浩  昭和36年
ホロリコ涙 守屋浩  昭和35年

夕顔のビギン 高峰三枝子 昭和42年

北斗 チョー・ヨンピル 平成4年

北のともしび 天童よしみ&五木ひろし 平成10年

波止場 西来路ひろみ 昭和46年

悲願花 君夕子 平成元年
夢ワルツ 君夕子 平成3年

南十字星の下で 東條英勝 平成3年

愛愁路 高村典子 平成元年

色去灯 水奈月順子 平成元年

越前恋唄 越前二郎 昭和63年

ふるさとでよかったね 植松おさみ 昭和63年
お気の毒さまおめでとう 植松おさみ 平成元年

お多福手帖 井上わこ 平成元年

宗谷岬 ダ・カーポ/千葉紘子/黒木真理 昭和47年

逢いに来ましたお父さん 三宅広一 昭和33年

猿飛佐助 岩瀬寛  昭和34年

ママにもらったトランプ フランキー堺  昭和38年

これが男だ 覆面太郎  昭和38年

風の子一座 草野士郎  昭和38年

笹舟 村上幸子 昭和58年

男の根性 美唄五郎 昭和52年 
キャバレー哀歌 美唄五郎 昭和53年

ふりそで おるけすたていぴか日本 昭和53年
ラグリマス・デ・東京  おるけすたていぴか日本 昭和53年

さいはての唄(アリューシャン小唄)柳うた子 昭和36年

月寒の少年 コロムビア少年合唱隊 昭和36年
 
花笠若衆 花ノ本寿 昭和36年

野菊 花丘圭二 昭和45年

白馬のルンナ 内藤洋子/松尾和美 昭和42年

哀しみのシンシアリー キム・ヨンジャ 平成12年
湯情の宿 キム・ヨンジャ 平成13年
砂の城 キム・ヨンジャ 平成13年

玄海男歌 静太郎 平成12年
忠三郎旅唄 静太郎 平成12年

日本海は雪ですか 黒木梨花 平成11年
三日三晩 黒木梨花 平成12年



資料提供 船村音楽事務所/参考文献:「歌は心でうたうもの」(日本経済新聞社)「酒・タバコ・女 そして歌」(東京新聞出版局)